このページの位置:
トップページ > 講座情報 > 公開講座 > 平成30年度後期 > エスチュアリー(汽水域)研究の最前線(2)

平成30年度後期公開講座 詳細情報

1. エスチュアリー(汽水域)研究の最前線(2)
— エスチュアリーの動・植物の生態と保全 —

受付を終了しました。

日程
10月12日(金)~11月9日(金)
時間
18:00~19:30
回数
5 回
会場
エスチュアリー研究センター2階セミナー室および実験室
講座責任者
エスチュアリー研究センター 准教授   瀬戸浩二
担当講師
エスチュアリー研究センター 准教授   瀬戸浩二
              准教授   堀之内正博
              講師    香月興太
              助教    川井田俊
              特任助教  増木新吾
              特任助教  原田展子
講座の内容
 エスチュアリーは、多くの動物が生息し、植物が繁茂する豊かな水域です。しかし、微妙なバランスのもとに成り立っている環境でもありますので、バランスが崩れるとそれらが大きな問題を引く起こすこともあります。そうならないように、またはそうなった時にどのように保全をするかを考える材料となる話題を提供します。
募集対象
一般市民
募集人数
20名
講習料
2,500円
プログラム
日程 曜日 テーマ
110/12(金)沿岸域における魚類の成育場の機能と保全について
210/19(金)宍道湖や周辺ダムに発生する藍藻(アオコ)とその問題点
310/26(金)極地の湖沼とその変遷
411/2(金)宍道湖に大量繁茂する水草と海藻の調査・研究からわかってきたこと
511/9(金)汽水域での「食うー食われる」をひも解く
特記事項
※参加希望者が極少人数の場合は不開講になる場合があります。

※日程・内容は、天候その他の事情により変更になる場合があります。

« 平成30年度後期公開講座一覧に戻る


講座メニュー

  • 公開講座
  • 大学開放事業
  • センター主催講座
  • お問い合わせ

医学部の生涯学習支援活動情報

データベース

センターが管理する各種情報をデータベースから検索できます。

△このページの先頭へ