このページの位置:
トップページ > 講座情報 > 公開講座 > 平成31年度前期 > 模擬患者の活動を通して賢い患者になろう!

平成31年度前期公開講座 詳細情報

10. 模擬患者の活動を通して賢い患者になろう!
— ~明確な症状の伝え方~ —

定員になりましたので受付を終了しました。

日程
5月20日(月)、6月17日(月)、7月23日(火)
時間
15時00分~16時00分
回数
3 回
会場
クリニカルスキルアップセンター   
講座責任者
クリニカルスキルアップセンター  センター長 狩野 賢二
担当講師
クリニカルスキルアップセンター  センター長 狩野 賢二
講座の内容
皆さんは病院で医師に症状を伝える際、表現に困った経験はありませんか?この講座では症状や痛みの表現方法など、日常生活や模擬患者活動に役立つ知識を習得します。病気に対する知識が増えるだけでなく、未来の医師を育てる社会貢献もできる模擬患者をしてみませんか?これから模擬患者を始めたい方も大歓迎!たくさんの参加をお待ちしています!
募集対象
一般市民
募集人数
30名
講習料
無料
プログラム
日程 曜日 テーマ
15月20日(月)模擬患者の活動を通して賢い患者になろう!
~明確な症状の伝え方(息が苦しい)~
26月17日(月)模擬患者の活動を通して賢い患者になろう!
~明確な症状の伝え方(お腹が痛い)~
37月23日(火)模擬患者の活動を通して賢い患者になろう!
~明確な症状の伝え方(めまいがする)~
特記事項
※応募者5名以上で開講します。

※日程・内容は、天候その他の事情により変更になる場合があります。

« 平成31年度前期公開講座一覧に戻る


講座メニュー

  • 公開講座
  • 大学開放事業
  • センター主催講座
  • お問い合わせ

医学部の生涯学習支援活動情報

データベース

センターが管理する各種情報をデータベースから検索できます。

△このページの先頭へ