このページの位置:
トップページ > 講座情報 > 公開講座 > 平成31年度前期 > 新しい医療診断技術「ラマン分光法」とは何か?

平成31年度前期公開講座 詳細情報

11. 新しい医療診断技術「ラマン分光法」とは何か?
— QOLの高い医療診断を目指して —

日程
7月13日(土)
時間
13時00分~15時00分
回数
1 回
会場
生物資源科学部1号館2階203室
講座責任者
医・生物ラマンプロジェクトセンター 教授 山本 達之
担当講師
医・生物ラマンプロジェクトセンター 教授 山本 達之
医・生物ラマンプロジェクトセンター 助教 石垣美歌
医・生物ラマンプロジェクトセンター 助教 ヘマンス ヌータラパティ
講座の内容
ラマン分光法は、分子の指紋と言われる振動スペクトルを測定します。私たちは、この手法を応用して、診断の際の患者の負担を軽減できるQOLの高い新たな医療診断技術の開発を目指しています。講座では、ラマン分光法の原理や応用例を平易に解説します。講座の後半では、装置見学をしていただく予定です。
募集対象
一般市民、高校生、民間技術者
募集人数
30名
講習料
無料
プログラム
日程 曜日 テーマ
17月13日(土)ラマン分光法による医療診断

※日程・内容は、天候その他の事情により変更になる場合があります。

申込専用フォーム

« 平成31年度前期公開講座一覧に戻る


講座メニュー

  • 公開講座
  • 大学開放事業
  • センター主催講座
  • お問い合わせ

医学部の生涯学習支援活動情報

データベース

センターが管理する各種情報をデータベースから検索できます。

△このページの先頭へ